国内FXと海外FXはどっちがおすすめ?様々な違いを徹底比較してみた

国内FX&海外FX
みな

海外のFX業者も良さそうだけど、日本のFX業者の方が信頼できるような気がするんだよね。
どっちを選んでも似たようなものなら、日本の業者にしようかな?

佐藤

ちょっと待って!
同じFXでも国内FXと海外FXは、まったく違うものだよ。
安易に決めてしまうと後悔してしまうかも・・・。

みな

そうなの!?
どっちがいいのかな。

佐藤

国内FXにも海外FXにも、それぞれメリット・デメリットがあるよ。
それぞれの特徴を比較して、自分に合いそうな方を選んでみよう

今回は、国内FX(日本のFX業者)と海外FX(海外のFX業者)の違いについて紹介します。

「周りに使っている人がいるから」「普段の買い物で貯めたポイントが使えるから」「なんとなく信頼できるから」「広告が良さそうだったから」という理由で、海外FXと比較もせずに、安易に国内FXを選んでいませんか?

もちろん、上記の理由で国内FXを選ぶのも一つの正解ですが、海外FXとの違いを理解せずに安易に決めてしまうと、いつか後悔してしまうかもしれません

国内FXにも海外FXにも、それぞれに特徴があります。

この記事では、それぞれのメリット・デメリットを比較しています。

最後まで読んで、どっちがより自分に合っているのかを見極めましょう。

この記事に書いてあること
  • 海外FXなら、借金の心配が要らない
  • 海外FXなら、自己資金がゼロでも取引を始められる
  • 少額の資金で大きな利益を狙いたい人は海外FXがおすすめ
  • 利益額が大きい場合、税金では国内FXが有利
  • 日本人トレーダーも多く、ボーナスが充実しているXM Tradingがおすすめ
目次

国内FXと海外FXどっちがおすすめ?

国内FXと海外FXどっちがおすすめ?

国内FXと海外FXでは、どっちを選ぶべきなのでしょうか。

インターネットでは「FXで借金地獄」のような記事や投稿がたくさんあり、FX未経験者には「借金が怖いからFXには手を出しにくい」というイメージがある方も少なくないでしょう。

借金が怖いという理由でFXに手を出せずにいる人には、国内FXよりも海外FXの方がおすすめです。

意外にも、国内FXと海外FXを比較すると国内FXの方が借金のリスクが高くなってしまいます

国内FXでは、一般的に、損失が大きくなり口座残高が不足すると証拠金を追加する必要があります。

これを追証と呼びますが、多くの海外FX業者では追証が発生しない仕組みになっています。

ほとんどの海外FX業者では、証拠金以上の損失が生じ、口座残高がマイナスになった場合に自動的にゼロに戻す「ゼロカット保証」があります。

ゼロカット保証とは?!
マイナス残高がリセットされて証拠金以上の損失は負わない仕組み。
口座の残高以上の損失が自動的にゼロにリセットされ、追証は発生しません。

国内FXの方が何となく安心というイメージがある方もいるかもしれませんが、海外FXの方が借金のリスクが無いのです。

「興味はあるけど、借金が怖い」という方は、国内FXよりも海外FXを利用することをおすすめします。

一方で、国内FXでは海外FXよりもスプレッドがかなり狭く設定されています。

実際に海外FXと国内FXでは、10倍程度スプレッドが異なってくるようです。

国内FXと海外FXの比較一覧

国内FXと海外FXの比較一覧

国内FXと海外FXを比較してみましょう。

比較項目国内FX海外FX
レバレッジ低い高い
スプレッド固定変動
ボーナスキャンペーン
税金一律変動
追証&ゼロカットシステム
DD方式とNDD方式DD方式NDD方式

ここで挙げた違いはあくまで一般的な比較であり、すべての業者がこれに当てはまるわけではありません

たとえば、ボーナスキャンペーンを実施しない海外FX業者や、NDD方式を採用している国内FX業者もあります。

それぞれの項目について、詳しく見てみましょう。

国内FXと海外FXの違い/比較【項目別】

国内FXと海外FXの違いについて、項目別に詳しく見てみます。

それぞれを比較した上で、どっちが自分に向いているかを判断しましょう。

レバレッジ

レバレッジ

レバレッジの高さという点では、海外FXの方がおすすめです。

レバレッジを比較すると、国内FXに比べて海外FXの方が高く設定できるようになっています。

最大レバレッジを比べてみましょう。

最大レバレッジ
  • 国内FX業者・・・25倍(最大レバレッジの数値が法律により定められている)
  • 海外FX業者・・・100~6000倍(最大レバレッジの数値は各業者が判断)

※国内FX・海外FXどっちでも、レバレッジ無し(1倍)や低レバレッジの設定も可能です。

国内FX業者は、最大で25倍のレバレッジまでしか設定できないよう、法律で規制されています。

日本のトレーダーを大きな損失から守るための法律ではありますが、この法律によるデメリットもあります。

最大レバレッジが低いということは、大きな利益を得るためには高額の自己資金が必要になるということです。

1USD=100JPYの時、2.5万ドルの買いポジションを建てる場合の必要証拠金
  • 国内FX(レバレッジ25倍)の場合・・・25,000USD×100JPY÷25倍=100,000JPY
  • 海外FX(レバレッジ100倍)の場合・・・25,000USD×100JPY÷100倍=25,000JPY
  • 海外FX(レバレッジ1,000倍)の場合・・・25,000USD×100JPY÷1,000倍=2,500JPY

上の例では、国内FXでは少なくとも10万円の自己資金が必要なのに対して、海外FXでは2万5千円2,500円の自己資金があれば足ります。

レバレッジを高くかけられるということは、使用する自己資金を抑えられるということなのです。

レバレッジが低いと損失が大きくなりにくいというメリットがある反面、多額の自己資金が必要になりうるというデメリットがあるといえます。

そもそも海外FXにしたからといって必ずしもハイレバレッジなトレードをしなければならないわけではありません

レバレッジを抑えたい場合は低レバレッジに設定をすれば良いだけなので、レバレッジの選択肢が多い海外FXの方が優れているといえます。

スプレッド

スプレッド

スプレッドの狭さで比べた場合も、海外FXの方がおすすめです。

一般的に、国内FXでは固定スプレッド、海外FXでは変動スプレッドが採用されています。

固定スプレッドとは?!
原則的に固定されており常に一定の値で保たれているスプレッド。
ただし、相場の変動が激しい時(経済指標発表前後や要人発言があった時など)には変動することもある。

変動スプレッドとは?!
相場の状況によって常に変動するスプレッド。
相場が大きく動くとスプレッドも大きく拡大する可能性がある。

固定スプレッドには、相場の変動が激しい局面でリスクの小さい取引ができるというメリットがあります。

相場が大きく変動している時に変動スプレッドで取引をしてしまうと、スプレッドで損をしてしまう可能性があります。

ただし、平常時には変動スプレッドの方が狭いスプレッドで取引ができます

特に、スキャルピングをしたい場合など取引回数が多くなる方は、変動スプレッドを選んだ方がリスクは小さくなります。

トレーダーの好みによりますが、狭いスプレッドで何度も取引したい場合は、海外FXがおすすめです。

ボーナスキャンペーン

ボーナスキャンペーン

ボーナスキャンペーンで比べても、海外FXの方がおすすめです。

海外FXでは、国内FXよりも豪華なボーナスキャンペーンが開催されていることが多いです。

国内FXでは、口座開設や入金のみでもらえるボーナスは基本的には無く、規定量の取引をしたらボーナス付与という制度がほとんどです。

そのため、ボーナスをもらう前に自己資金を使う必要があるので、最初から損失が生じるリスクがあります。

それに比べて、海外FXでは口座開設ボーナスや入金ボーナスが実施されていることがよくあります

口座開設をしただけ、もしくは入金をしただけでボーナスがもらえるので、自己資金が無くても取引を始めることができます

リスクゼロで取引を開始できるという点で、特に初心者トレーダーには海外FXの方が向いているといえます。

税金

税金

税金で比べた場合は、利益見込み額が大きい場合は国内FX、小さい場合は海外FXがおすすめです。

国内FXと海外FXはいずれも雑所得ですが、税区分が異なります。

国内FXでは一律10%の所得税が課されるため、海外FXでは所得金額に応じて5%〜45%まで課税されるという違いがあります。

みな

海外FXでは、利益を出せば出すほど税金が上がってしまう傾向があるんだね。

佐藤

総所得金額次第だから一概には言えないけど、基本的にはその理解で大丈夫だよ。
利益が大きい見込みの場合は、税金面で判断するなら国内FXの方がおすすめだね。

みな

とりあえず、国内FXと海外FXの両方試してみようかな。

佐藤

国内FXと海外FXの両方を試すこともできるよ!
その場合は、確定申告の時に間違わないように注意しよう。

初心者トレーダーなど利益が小さい見込みの方には、海外FXの方が税金が抑えられる可能性が高いのでおすすめです。

追証&ゼロカットシステム

追証&ゼロカットシステム

追証&ゼロカットシステムという点では、海外FXの方がおすすめです。

追証(追加保証金)とは?!
相場変動により評価損が拡大し口座残高が必要証拠金額を下回ってしまった場合に、必要証拠金の不足分を追加で差し入れる制度。
ゼロカットシステムが適応される場合は追証は発生せず、口座残高にマイナスが生じた場合でもゼロに戻されます。

海外FX業者の多くはゼロカットシステムを採用しています。

そのため、損失が膨らみ、口座残高がマイナスになってしまった場合でも、不足分を追加で支払う義務はありません

ゼロカットシステムにおいては口座残高以上の損失が発生することは無いので、簡単に言えば借金のリスクがありません

その理由は、マイナス分はFXブローカーが負担してくれる仕組みになっているからです。

海外FXにおいては損失拡大により知らないうちに借金になってしまうということが起きないので、安心して積極的な取引ができます。

それに対して国内FXでは、損失が膨らみ口座残高が不足してしまうと、不足分の支払い義務が発生します

国内FXには借金のリスクがあるということを認識した上で利用しましょう。

借金の心配をせずに利用できるため、ゼロカットシステムがあるという点において海外FXの方が優れています

DD方式とNDD方式

DD方式とNDD方式

DD方式NDD方式という点においては、トレーダーの好みです。

一般的に、国内FX業者はDD方式海外FX業者はNDD方式を採用しています。

DD方式(ディーリング・デスク方式)とは?!
FX会社側がトレーダーとカバー先(FXブローカー、銀行、LP等の実際に通貨の取引を行う場所)の間で仲介し注文の行方を決める取引方式。
トレードで利用した資金がFX会社のシステム上でのみ取引され、実際には市場に資金が投入されない。

NDD方式(ノンディーリング・デスク方式)とは?!
トレーダーの行った注文をそのままカバー先に流す取引方式。
トレードで利用した資金が実際に市場に投入されている。

DD方式の場合は、インターバンク(金融機関、証券会社などが参加する、銀行間の外国為替市場)直結ではなく、ディーリング・デスク(FX業者)を挟みます

「トレーダー↔FX業者」の取引、「FX業者↔カバー先」の取引というように、1つの注文が2段階で取引される形式です。

顧客の注文がそのままインターバンクに流れるわけではなく、トレーダーとFX業者との間で取引が一旦完了するのが特徴です。

一方、NDD方式の場合はFX業者の仲介が無く、トレーダーの注文がそのままカバー先に流れます

FX業者による操作などが介入し得ないため、取引の透明性が高く信頼できるという特徴があります。

それぞれのメリット・デメリットを見てみましょう。

DD方式NDD方式
メリットスプレッドが狭いFX業者が介入せず、透明性の高い取引ができる
デメリットFX業者側で取引を操作することができるスプレッドが広い

当然ながら、スプレッドが狭い方が取引の際の損失を抑えることができます。

そのため、資金に余裕がある方にはNDD方式がおすすめですが、それほど資金が無い場合はDD方式がおすすめです。

海外FXのメリット・デメリット

FXを始めるにあたって、初心者トレーダーには特に海外FXがおすすめです。

国内FXに比べてリスクを少なく始められる海外FXについて、メリット・デメリットを詳しく見てみましょう。

ハイレバレッジ取引

ハイレバレッジ取引

海外FXでは、国内FXよりもハイレバレッジな取引が可能です。

国内FXでは、レバレッジは25倍までしか設定できないよう法律で定められています。

一方、海外FXでは規制が無いため最大レバレッジは業者により異なり、1000倍や5000倍のレバレッジが可能な業者もあります。

たとえば、日本で人気が高い大手海外FX業者のXM Tradingの場合は、最大888倍のレバレッジが設定できます。

国内FXの最大レバレッジ(25倍)と、XM Tradingの最大レバレッジ(888倍)の場合で、運用額を比較してみましょう。

レバレッジの違いによる運用額の計算方法

「運用額=自己資金×レバレッジの倍率」として、仮に自己資金が「1万円」の場合の運用額を計算してみましょう。

  • 国内FXの最大レバレッジ(25倍)の場合
    1万円×25倍=25万円
  • XM Tradingの最大レバレッジ(888倍)の場合
    1万円×888倍=888万円

運用金額が大きいほど、大きい利益を出すチャンスが増えます。

自己資金が1万円とすると、国内FXでは運用資金はわずか25万円ですが、XM Tradingでは888万円も運用することができます。

海外FXでは、少ない自己資金でもレバレッジを大きくすることで、大きな利益を出せる可能性があります。

初心者トレーダーなど自己資金が少ない場合は、海外FXの方が適しています

追証がない

追証がない

海外FXでは、追証が生じません。

ハイレバレッジ=借金というイメージがある方も少なくありませんが、意外にも多くの海外FXでは借金が発生しない仕組みになっています。

ほとんどの海外FX業者ではゼロカットシステムが採用されているため、口座残高以上の損失が発生して残高がマイナスになった場合でも、自動的にゼロに戻ります。

国内FXでは、損失が大きくなり口座残高が不足すると追証が発生し、借金になってしまいます。

みな

「FXで借金」のような内容のインターネット記事を見たことがあるから、怖いイメージがあったよ。

佐藤

海外FXでは残高以上の損失が出ない仕組みになっているから、借金の心配は要らないね。

ゼロカット保証により追証がありませんので、海外FXは借金リスクが無く安心して取引できます

ボーナスがとにかくお得

ボーナスがとにかくお得

海外FXは、とにかくお得なボーナスが多いのが魅力です。

口座開設だけでボーナスがもらえたり、入金だけでボーナスがもらえたりなど、自己資金を減らさずにもらえるようなボーナスキャンペーンが常時開催されていることも多いです。

ボーナスキャンペーンを利用することができれば、FX業者によっては自己資金ゼロでもFX取引をすることが可能です。

たとえば、大手海外FX業者XM Tradingの場合は、下記のようなボーナス制度を利用することができます。

XM Tradingで利用できるボーナス
  • トレード資金として利用できる3000円分の「新規口座開設ボーナス」
  • 入金額に応じて最大5,000ドル相当額まで受け取れる「入金ボーナス」
  • トレード量に応じてポイントを貯められる「ロイヤルティプログラム(お取引ボーナス)」

XM Tradingでは自己資金を使わずにFX取引を始めることが可能で、さらにトレードをたくさんするとポイントを貯めることができます。

多くの国内FXではボーナス制度を利用するために自己資金を使う必要があるため、自己資金がゼロでも始められる海外FXの方が安心といえます。

悪質な業者も存在

悪質な業者も存在

残念ながら、海外FX業者の中には悪質な業者も存在します。

悪質な業者を利用してしまうと、「入金はできるのに出金はできない」などの被害に遭ってしまう可能性があります。

実際に、国民生活センターが公開している最近の事例を見てみましょう。

出会い系サイトで知り合った外国人の女性に誘われて海外FX事業者の指示通りに取引をしていた。追証拠金が発生したが、高額のため支払えない。

独立行政法人国民生活センター

海外FX事業者を利用してFX取引をしていたが、取引利益の出金要請をしたところ、エラーになったといって出金されない。

独立行政法人国民生活センター

もちろん、トラブルが起きたからといって必ずしも詐欺や悪徳業者と断定することはできませんが、海外FXに関するトラブルの事例は多いようです。

トラブルが起きないようにするには、安全な海外FX業者かどうか、利用前に充分にリサーチしましょう。

海外FX業者は、運営実績がなるべく長く、出金拒否などの記事が見つからない業者を選ぶと安心です。

大手FX業者であれば大きなトラブルに巻き込まれる可能性は低く、その中でも信頼できるのはXM Tradingです。

XM Tradingは10年以上の実績があり、長い運用歴の中で出金拒否の噂はほとんどありません。

不正な取引や規約違反などユーザー側が原因で出金を拒否された事例はあるようですが、しっかりとルールを守って利用している限りは、トラブルが起こる可能性は限りなく低いといえます。

日本の利用者も多く非常に人気の業者という点でも、安心して利用できると考えられます。

国内FXのメリット・デメリット

国内FXにもメリット・デメリットがあります。

海外FXと比べながら、国内FXの特徴を詳しく見てみましょう。

入出金がスムーズ

入出金がスムーズ

国内FXのメリットとして、入出金をスムーズに行うことができるという点が挙げられます。

多くの国内FXブローカーでは、インターネット上で入金できる「クイック入金」か、銀行窓口やATMから現金を入金する「通常入金」という2通りの入金方法に対応しています。

日本の銀行口座を持っている人なら、簡単に入出金ができます。

海外FXでは、上記の方法に加えてクレジットカードを使った入出金などにも対応していますが、以下の理由で国内FXに比べて入出金手続きが煩雑になっています。

海外FXにおける入出金手続きが煩雑な理由
  • 海外への送金手続きは、国内送金に比べて面倒、送金に時間がかかる、手数料が高い
  • 入金で使った方法と同じ方法で出金する必要がある
  • 利益分の出金については、入金した方法以外で出金する必要がある

国内FXに比べ、多くの入出金方法に対応していることは便利ではありますが、手続きが煩雑になってしまっています。

国内FXには、入出金方法が限られているため手続きが簡単というメリットがあります。

ハイリスク・ハイリターンの取引は不可

ハイリスク・ハイリターンの取引は不可

国内FXでは、海外FXに比べてハイリスク・ハイリターンの取引ができないというデメリットがあります。

FX取引では、レバレッジをかけることで、少ない自己資金で大きな利益を狙うことが可能になります。

同じ条件下なら、レバレッジの倍率が高いほどリターンが大きくなるため、最大レバレッジが大きいほど、少ない自己資金で効率的に利益を得られるのです。

国内FXにおいては、法律で最大レバレッジが25倍までと定められていますが、海外FXにおいてはそのような規制はなく、最大レバレッジは各業者が定めています。

また、レバレッジが大きいと当然損失額も大きくなりますが、海外FXにおいてはゼロカットシステムにより、証拠金以上の損失は発生しません

国内FXにおいては、低レバレッジにより損失額は小さく済みますが、追証のリスクがあり、証拠金が不足した場合は不足分の支払い義務が生じます。

みな

国内FXの方がなんとなく安心感があったけど、そうとも限らないということが分かってきたよ。

佐藤

借金の心配が要らないことや自己資金が最小限で済むという観点では、海外FXの方が安心と言えるね。

国内FXではハイリターンを狙うのが難しく、さらに追証のリスクもあるというデメリットがあるのです。

おすすめの海外FX業者

おすすめの海外FX業者

おすすめの海外FX業者はXM Tradingです。

XM Tradingがおすすめな理由を紹介します。

XM Tradingがおすすめな理由
  • 日本人利用者が多い
  • 運営歴が長く安心
  • 日本語完全対応
  • ボーナス制度が充実

また、XM Tradingは、特にこのような人におすすめです。

XM Tradingがおすすめな人
  • 安全性の高い会社で取引したい
  • ハイレバレッジで大きな利益を得たい
  • デイトレード、スイングトレードをしたい
  • ボーナスを活用した取引をしたい
佐藤

XMのスプレッドは安定しているけど、他社に比べると若干広いんだ。
だから、スキャルピングがしたい人よりもデイトレードやスイングトレードをしたい人に向いているよ!

XM Tradingなら、ボーナスの活用とハイレバレッジな取引が可能なので、少額の自己資金でリスクの低い取引ができます。

日本人利用者がもっとも多い海外FX業者のため、情報量が多く利用しやすい業者です。

\ 日本人人気No.1/

国内FXと海外FXの違いに関するQ&A

国内FXと海外FXの違いについて、よくある質問をまとめています。

不安な点や疑問は事前に解消して、安心して取引を始めましょう。

海外FXは英語が必要?

海外FXは英語が必要?

海外FXに英語は必要ありません。

英語が分からなければ、日本語に対応している海外FX業者を選んでおけば大丈夫です。

もちろん、英語が分かるに越したことはありません。

英語が分かれば、「海外のニュース記事を理解できるため、最新情報を正確にキャッチしやすい」「日本語非対応の海外FX業者も利用できるため、トレードの選択肢が広がる」「海外の投資家とコミュニケーションが取れるため、情報感度が高まる」などのメリットはあります。

ただし、英語が分からなければ困るということもありません。

XM Tradingなど日本語に対応しているFX業者は多くありますので、そのような業者を利用する上で困ることはほとんどありません。

みな

英語が分からなくても海外FXを使えるんだね。

佐藤

日本語に対応している海外FX業者を選べば、困ることはほとんどないと思って大丈夫だよ。

万が一、ウェブサイトに一部英語の部分が出てきた場合は、その部分をインターネットで検索して翻訳文や解説サイトを探せば大丈夫です。

もちろんFX業者に直接問い合わせても大丈夫ですが、電話で問い合わせる場合は「日本語が話せるオペレーターに繋いでください(I’d like to speak with someone who speaks Japanese.)」など少しの英語は使う必要があるかもしれません。

ただし、基本的には国によって電話番号が違うため、日本語以外のオペレーターが電話に出る可能性はほとんどありません。

海外FXは確定申告する必要ある?

海外FXは確定申告する必要ある?

海外FXでも、確定申告する必要は出てきます。

ただし、海外FXをしていれば、必ず確定申告の義務が生じるわけではありません。

給与所得者(会社などに雇用され、給料をもらっている人)は、基本的には給与以外で年間20万円を超える所得が発生した場合に確定申告が必要です。

給与所得者以外(専業主婦や無職などの人)は、基本的には年間48万円を超える所得が発生した場合に確定申告が必要になります。

なお、事業所得がある場合など、海外FXの所得額に関わらず確定申告が必要な場合もあります。

確定申告は面倒な手続きというイメージがあるかもしれませんが、最近はインターネットでの確定申告も可能になり、煩雑さが解消されつつあります。

納税義務があるにもかかわらず確定申告をしないと脱税になってしまいますので、忘れずに確定申告を行いましょう。

国内FXと海外FXの比較まとめ

国内FXと海外FXの比較まとめ

国内FXと海外FXは、それぞれ特徴があり、同じFXでもまったく異なるものです。

国内FX、海外FXのどっちを選んでも正解ですので、より自分に合う方を選びましょう。

もちろん、ひとつに絞らず、両方を使うことも可能です。

利益が大きい場合には、国内FXの方が税制面で有利です。

FXで大きな利益を出す見込みがある上級者トレーダーの方には、税額を抑えることができる国内FXが好ましいといえます。

一方、「より低リスクでFXを始めたい」「見込み利益が小さい」「借金が怖い」「少ない資金で大きな利益を狙いたい」と考えている初心者トレーダーには、海外FXの方が向いています。

海外FXを始めるなら、XM Tradingがおすすめです。

日本人の利用者が多く、ボーナス制度も充実しているので、安心して積極的な取引ができます。

XM Tradingに口座を開設して、自己資金ゼロからFXを体験してみましょう。

\ 日本人人気No.1/

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる