海外FX業者スプレッド徹底比較&ランキング一覧!最狭はどこ?

海外FX スプレッド比較
みな

海外FXは国内FXに比べてスプレッドが広めって聞いたけど本当?

佐藤

国内FXに比べると広い傾向にあるね。
そもそもFXの仕組みが違うからスプレッドに差が出るようになっているんだ。
ただレバレッジやゼロカットを考えると断然海外FXがおすすめだよ!

みな

そうなんだ。
でもやっぱりスプレッドって重要だよね。
会社によって差があるって聞くもんね。

佐藤

会社によってスプレッド幅は異なるから取引前に把握しておいた方がいいね。海外FX会社のスプレッドを一緒に見ていこうか!

海外FXは会社によってスプレッドに差があります。

平均スプレッドが狭い会社でも通貨ペアによっては広い場合もあるので、取引スタイルや手法によっては業者選びがとても重要といえますね。

このページではそんな海外FXのスプレッドを会社別で比較して紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

この記事に書いてあること
  • スプレッドで選ぶならExnessがおすすめ!!
  • 海外FXのスプレッドは変動制がスタンダード
  • スリッページが大きいとスプレッドが狭くても損する恐れがある!!
  • ECN口座はスプレッドが狭いが制限が多い口座
  • 早朝や経済指標時のスプレッドに注意しよう!!

海外FXでのスプレッドで選ぶならExnessがおすすめです。

業界最狭水準のスプレッド環境を誇るので、ここ最近でユーザー数が爆発的に増えています。

最大レバレッジ無制限となっており、他社よりも圧倒的に少ない証拠金で始められることも魅力です。

目次

海外FXのスプレッドの概要

海外FXのスプレッドはその会社の手数料となる場合が多いです。

スプレッドが狭いほど取引毎のコストが抑えられるため、利益を出しやすいといえます。

スプレッドは取引スタイルや手法によっては取引の結果に直結することが多いので仕組みをしっかり覚えておきましょう。

スプレッドとは

スプレッドは売値と買値の差を指します。

スプレッドとは

FXではエントリーする時に実際のレートとずれた値で約定が行われます。

買値のレートと売値のレートそれぞれにスプレッドと言われる手数料が加算され、FX会社の利益となるのです。

実際のレートと注文時のレートの差が大きいと「スプレッドが広い」、レートの差が狭いと「スプレッドが狭い」と認識できます。

スプレッドが狭いほど広いよりも有利な位置での約定となるため、利益方向に伸びた際に取引に勝ちやすくなるというメリットがあるのです。

みな

なるほど。
スプレッドが狭い方が有利に取引ができるんだね。

佐藤

スプレッドが広いと利益方向に値を戻すまで時間がかかってしまう時にどうしても不利になってしまうんだ。
長期間保有ならあまり気にならないけど、短時間での決済や値動きの少ない時間帯などでは特に重要になってくるね。

FXを始めたいという方は業者選びの際に、このスプレッドの値も気にしてみてください。

国内FXより広い

国内FXより広い

海外FXは全体的に国内FXに比べてスプレッドが広い傾向にあります。

このスプレッドの差にはFXの方式であるNDD方式とDD方式という仕組みが影響しています。

NDD方式とDD方式とは?!
NDD方式インターバンクと顧客が直結して取引を行います。
それに対してDD方式ではインターバンク市場と顧客の間にFXブローカーが仲介して取引が成立する仕組みです。DD方式を採用している会社では顧客が取引に負ければ会社の利益となるため、スプレッドをでの利益を得る必要がなくなるのです。

みな

それじゃあ、DD方式が多い国内FXの方が有利ってこと?

佐藤

実はそういうわけでも無いんだ。
DD方式は確かにスプレッドが狭いけど、仲介が入ることにより公平性の低い取引になってしまう場合があるんだよ。
スプレッドを手数料として取っているNDD方式の会社の方が顧客の勝ち負けが関係ないため透明性が高い取引ができるんだ。

みな

なるほど。
スプレッドが狭いからと言って顧客に有利とは限らないんだね

変動スプレッド

変動スプレッド

海外FXでは変動スプレッド制を採用している会社が多いです。

変動スプレッドとは?!
スプレッドが固定されておらず、時間帯や相場状況によってスプレッド幅が変動する制度を言います。
NDD方式によりインターバンク市場のスプレッドがそのまま反映されるので、固定することができずスプレッド幅が変わります。

変動スプレッドでは経済指標や値動きの激しい時間になると大きく広がることがありますが、通常時のスプレッドが狭いというメリットがあります。

固定スプレッド

固定スプレッド

海外FXの一部では変動制ではなく固定スプレッドを採用している会社があります。

固定スプレッドを採用している会社

通常のスプレッドは広いですが、変動制でスプレッドが広がるタイミングでも一定水準での取引ができます。

スプレッドの広がりを気にする必要がありません。

流動性のない相場や経済指標時には有利な取引ができるでしょう。

海外FX会社のスプレッド・手数料おすすめランキング

ここでは海外FXのスプレッドをランキング形式に紹介します。

主要通貨ペアごとの平均スプレッドおすすめ度を解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【第1位】Exness

exness-トップページ
口座タイプスタンダード口座ゼロ口座
USD/JPY平均スプレッド1.10.1
EUR/JPY平均スプレッド1.90.1
GBP/JPY平均スプレッド2.00.0
AUD/JPY平均スプレッド1.30.0

2020年3月から日本市場に参加すると、人気が急上昇し、2021年最も注目される海外FX業者になっています。

業界最狭のスプレッドに加え、最大レバレッジ無制限を提供しています。

ロスカットラインも業界最低の0%に設定されており、ハイレバレッジ取引に最も向いた業者と言えます。

Exnessについては、Exnessの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

【第2位】GEMFOREX

GEMFOREX
口座タイプオールインワン口座ノースプレッド口座
USD/JPY平均スプレッド1.20.3
EUR/JPY平均スプレッド1.30.5
GBP/JPY平均スプレッド1.71.4
AUD/JPY平均スプレッド1.60.6

GEMFOREXはスプレッドが狭い海外FX業者の一つになります。

会社によっては値動きの激しいポンドや、流動性の高い豪ドルといった通貨は大きなスプレッドが付く傾向にありますが全ての通貨ペアで狭い水準となります。

またボーナス制度が最も充実しているため、少ない証拠金で始められるうえに利益を出しやすい取引環境があり初心者でも始めやすい会社といえますね。

 \口座開設のみで2万円ゲット/

GEMFOREXについては、GEMFOREXの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

【第3位】AXIORY

AXIORY
口座タイプスタンダード口座ナノスプレッド口座
USD/JPY平均スプレッド1.30.3
EUR/JPY平均スプレッド1.50.4
GBP/JPY平均スプレッド2.00.8
AUD/JPY平均スプレッド1.90.6

AXIORYは業界でもかなり狭いスプレッドでの取引ができるFX業者です。

主要通貨ペアに限らずマイナー通貨ペアでも狭い水準のスプレッドが提供されています。

またスキャルピング取引に制限や特別なルールを設定していないので、短期売買を行うにあたって適した会社といえますね。

AXIORYについては、AXIORYの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

【第4位】TitanFX

TitanFX
口座タイプスタンダード口座ブレード口座
USD/JPY平均スプレッド1.30.3
EUR/JPY平均スプレッド1.70.4
GBP/JPY平均スプレッド2.40.8
AUD/JPY平均スプレッド2.10.5

TitanFXは他社で行っているようなボーナス制度を実施していません。

その代わりに取引環境の整備に力を入れているFX業者です。

主要通貨ペアの平均スプレッドはかなり狭く約定力も高いので、多くのトレーダーにメイン口座として愛用されています。

本来ではスプレッドが広がりやすい早朝や指標時でも他社に比べるとそれほど大きく広がることはないため、安定した取引環境でFXが行えるのです。

\業界最狭水準のスプレッド/

TitnanFXについては、TitanFXの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

【第5位】Land-FX

LANDFX公式画像
口座タイプLive口座ECN口座
USD/JPY平均スプレッド1.10.5
EUR/JPY平均スプレッド1.70.4
GBP/JPY平均スプレッド2.11.0
AUD/JPY平均スプレッド2.00.6

Land-FXは、スプレッドが狭いだけでなく、高い約定力を誇ることからスキャルピング専用口座として使う方が多いです。

Live口座とECN口座の2種類で狭いスプレッド環境での取引ができます。

スプレッドの狭い会社はボーナス制度がない傾向にありますが、Land-FXでは豊富な入金ボーナスキャンペーンを常時開催中です。

最低500円からの入金で始められるので、証拠金が少ない初心者にも適しています。

\100%ボーナスキャンペーン実施中/





Land-FXについては、Land-FXの口コミ・評判記事をご覧ください。

【第6位】easyMarkets

easyMarketsトップ
口座タイプスタンダード口座VIP口座
USD/JPY固定スプレッド2.41.0
EUR/JPY固定スプレッド3.21.8
GBP/JPY固定スプレッド5.02.5
AUD/JPY固定スプレッド4.02.0

easyMarketsはFX業者では珍しい固定スプレッドを採用しており、口座ごとにスプレッドも大きく異なります。

VIP口座を選択すると、業界最小のスプレッドで取引をすることができるため、まとまった資金をトレードする方はeasyMarketsを利用するといいでしょう。

そのため、深夜~早朝、経済指標といった、他社でスプレッドが広がる相場でも、固定されたスプレッドで取引可能です。

独自ツールを使えばスリッページも発生しないので、値動きの荒いポイントでは他社よりも狭いスプレッド環境が提供されています。

easyMarketsについては、easyMarketsの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

【第7位】BigBoss

bigboss
口座タイプスタンダード口座プロスプレッド口座
USD/JPY平均スプレッド1.50.5
EUR/JPY平均スプレッド1.91.0
GBP/JPY平均スプレッド2.51.1
AUD/JPY平均スプレッド1.61.1

BigBossはここ数年で日本人トレーダーが多く増えているFX業者です。

主要通貨のスプレッドが平均より狭いこともそうですが、CFD商品のスプレッドの狭さが魅力といえます。

幅広い通貨ペアや投資商品の取引を行い方には総合力の高いBigBossがおすすめです。

BigBossについては、BigBossの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

【第8位】HotForex

HotForex
口座タイププレミアム口座ゼロスプレッド口座
USD/JPY平均スプレッド1.70.3
EUR/JPY平均スプレッド1.71.0
GBP/JPY平均スプレッド3.00.7
AUD/JPY平均スプレッド2.30.9

HotForexは世界的に見るとXMよりも顧客の多い人気のあるFX業者です。

円建て口座がないこともあり日本人ユーザーは少ない傾向にあります。

主要通貨ペアのスプレッドは平均的な狭さですが、豊富なマイナー通貨ペアの取扱いやスプレッドの狭さが魅力です。

\今なら100%入金ボーナスゲット

HotForexについては、HotForexの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

【第9位】Tradeview

Tradeview
おすすめ度X leverage口座ILC口座
USD/JPY平均スプレッド0.80.2
EUR/JPY平均スプレッド1.20.3
GBP/JPY平均スプレッド2.30.8
AUD/JPY平均スプレッド2.60.4

Tradeviewは2004年に設立された歴史あるFX業者です。

日本ではあまりなじみがないですが、海外のユーザーは多い傾向にあります。

平均的なスプレッドは狭くもなく広くもなくといったところで平均的な水準です。

1万円から入金できるので少額からでも始められますが、最大取引通貨量に制限がないので大口取引に最も向いています。

【第10位】XM Trading

XMTrading
口座タイプスタンダード口座ゼロ口座
USD/JPY平均スプレッド1.60.3
EUR/JPY平均スプレッド2.60.4
GBP/JPY平均スプレッド3.51.9
AUD/JPY平均スプレッド3.01.2

人気や会社実績、安定感により日本人トレーダーに最も人気のXMですがスプレッドの面で見ると他社に比べてやや広めです。

しかしXMでは独自のXMPというポイントが取引毎に付与されるので実質の取引コストで考えると少ないコストで取引可能です。

スプレッド幅を考えると短期取引というよりは、数時間から1日保有した比較的長めの決済を行う取引で有利なFX会社といえます。

\ 日本人人気No.1/

XMについては、XMの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

【第11位】iForex

iForex
USD/JPY平均スプレッド1.8
EUR/JPY平均スプレッド1.8
GBP/JPY平均スプレッド5
AUD/JPY平均スプレッド3.0

iForexは1996年から20年以上にわたり運営を行ってきた老舗のFX業者です。

他社のように複数の口座タイプがなく、1種類のみとなります。

そのため会社の信頼感や安定感は抜群にあるといえます。

もともと原則固定でしたが2018年に変動制に変わったこともあり、徐々にスプレッド幅が狭くなっています。

しかし主要通貨ペアはまだ若干広めであることや、変動制による広がりが懸念されることも多いです。

しかし変動制に切り替わってからの実績はまだ浅いため今後に期待が持てますね。

\25周年キャンペーン実施中/

iFOREXについては、iFOREXの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

【第12位】IronFX

IronFX
口座タイプライブ変動口座アブソルトゼロ口座
USD/JPY平均スプレッド1.80.3
EUR/JPY平均スプレッド2.10.4
GBP/JPY平均スプレッド2.30.6
AUD/JPY平均スプレッド2.11.2

IronFXは2010年にキプロスで設立されたFX業者です。

スプレッドはやや狭めですが原則固定であるため、通常時は広いと感じる方が多いようです。

口座タイプによっても多少変動がありますが、スプレッドの面で見るとあまり大きなメリットは感じられないですね。

豊富なボーナス制度を実施しているので、少額且つ長期保有のトレードに適しています。

【第13位】FBS

口座タイプスタンダード口座ECN口座
USD/JPY平均スプレッド2.00.5
EUR/JPY平均スプレッド3.01.5
GBP/JPY平均スプレッド3.72.5
AUD/JPY平均スプレッド2.11.9

FBSは世界で1500万人以上の顧客を抱えるロシア発の大手海外FX業者です。

主要通貨ペアのスプレッドは他社の比べて広いこともあり、短期でのトレードにあまり向いていないといえます。

しかしレバレッジが海外FXで最も大きい3000倍がかけられることもあり、大きく利益を出したい方、少ない証拠金で一獲千金を狙いたい方に人気です。

マイナーな通貨ペアは比較的スプレッドが狭い傾向にあるので、激しい値動きを狙った投資に向いているといえるでしょう。

また、マイクロ口座では固定スプレッドが採用されているので、流動性のない相場では有利な取引ができます。

\業界最高のレバレッジ3000倍/

FBSについては、FBSの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

【最新】海外FXのスプレッド比較一覧表

海外FXのスプレッド比較一覧

海外FXの主要通貨ペアを会社ごとに表にしています。

会社名USD/JPYEUR/JPYGBP/JPYAUD/JPY
Exness1.1pips1.9pips2.0pips1.3pips
GEMFOREX1.4pips1.3pips1.9pips1.6pips
easyMarkes2.4pips3.2pips5.0pips4.0pips
AXIORY1.3pips1.5pips2.0pips1.9pips
TitanFX1.3pips1.7pips2.4pips2.1pips
BigBoss1.6pips1.9pips2.5pips1.6pips
HotForex1.7pips1.7pips3.0pips2.3pips
Tradeview0.8pips1.2pips2.3pips2.6pips
XM Trading1.5pips2.5pips3.7pips3.0pips
iForex1.8 pips1.8pips5pips3.0pips
IronFX1.7 pips2.1pips2.3pips 2.1pips
FBS2.0pips3.0pips2.3pips2.1 pips
9月24日某時点

USD/JPYやEUR/JPYではスプレッドに極端な差は出ませんが、ポンドや豪ドル関連の通貨ペアでは会社によって大きな差がありますね。

米ドル/円

以下は米ドル/円の比較です。

会社名スプレッド
Exness1.1pips
GEMFOREX1.4pips
easyMarkets2.4pips
AXIORY1.3pips
TitanFX1.3pips
BigBoss1.6pips
HotForex1.7pips
Tradeview0.8pips
XM Trading1.5pips
iForex1.8 pips
IronFX1.7 pips
FBS2.0pips
9月24日某時点

流通量が最も多いメジャー通貨の米ドル/円ですが、Tradeviewが最も狭い0.8 pipsのスプレッドです。

Exnessも1.1pipsと狭いスプレッドとなっています。

両方の会社でスキャルピングが認められているので、短期売買に向いているといえます。

特にExnessはレバレッジ無制限や最低入金額100円~という事から、少額で始めたい方に最適の会社です。

Exnessのメリットデメリットについて詳しく知りたい方は、Exnessの口コミ・評判のページをご覧ください。

ユーロ/円

以下はユーロ/円の比較です。

会社名スプレッド
Exness1.9pips
GEMFOREX1.3pips
easyMarkets3.2pips
AXIORY1.5pips
TitanFX1.7pips
BigBoss1.9pips
HotForex1.7pips
Tradeview1.2pips
XM Trading2.5pips
iForex1.8pips
IronFX2.1pips
FBS3.0pips
9月24日某時点

ユーロ円で見てもTrading viewが狭いスプレッドを提供しています。

続いてGEMFOREXが1.3pipsと狭いですが、GEMFOREXのスプレッドは安定していて広がりにくい特徴があります。

そのため安定した取引環境を求める方は、GEMFOREXのスタンダード口座がおすすめといえます。

GEMFOREXについて詳しく知りたい方は、GEMFOREXの口コミ・評判のページをご覧ください。

ポンド/円

以下はポンド/円のスプレッド比較です。

会社名スプレッド
Exness2.0pips
GEMFOREX1.9pips
easyMarkets5.0pips
AXIORY2.0pips
TitanFX2.4pips
BigBoss2.5pips
HotForex3.0pips
Tradeview2.3pips
XM Trading3.7pips
iForex5pips
IronFX2.3pips
FBS2.3pips
9月24日某時点

ポンドは投資家の間で殺人通貨と言われるほど、荒い値動きが特徴です。

そのため、スプレッドも各社でばらつきがあります。

GEMFOREXやAXIORYが狭い傾向にありますが、値幅が大きいという事であまりスプレッドを気にせずに保有する投資家が多いです。

また、値幅は荒ことで約定拒否に合いやすい通貨ですが、AXIORYであれば海外FX会社の中でも最高水準の約定力を誇るためおすすめといえます。

AXIORYについて詳しく知りたい方は、AXIORYの口コミ・評判記事をご覧ください。

豪ドル/円

以下は豪ドル/円のスプレッド比較です。

会社名スプレッド
Exness1.3pips
GEMFOREX1.6pips
easyMarkets4.0pips
AXIORY1.9pips
TitanFX2.1pips
BigBoss1.6pips
HotForex2.3pips
Tradeview2.6pips
XM Trading3.0pips
iForex3.0pips
IronFX2.1pips
FBS2.1 pips
9月24日某時点

豪ドル円はポンドに比べて大きな値幅を付けるわけではありませんが、各社によってスプレッドにばらつきがあります。

Exnessが最も狭い傾向にあるので、短期売買の際はおすすめです。

オーストラリアは資源国であることから、原油価格の影響を受けやすい通貨です。

原油価格の高騰下落があると、豪ドル関連の通貨ペアが激しく動くことからスプレッドも広がりやすくなるので注意しましょう。

EUR/USD

以下はユーロ/米ドルのスプレッドを比較したものです。

会社名スプレッド
Exness1.0pips
GEMFOREX1.2pips
AXIORY1.1pips
TitanFX1.2pips
BigBoss1.9pips
HotForex1.2pips
Tradeview0.9pips
XM Trading1.7pips
iForex0.7pips
IronFX2.1pips
FBS1.0 pips
9月24日某時点

EUR/USDは、世界1位の取引量を誇る米ドルと世界2位の取引量を誇る米ドルとのペアです。

当然ペアとしての取引量も多いので、流動性が高く値幅が小さい傾向にあります。

スプレッドは各社で狭い水準ですが、特にiFOREXが0.7pipsと狭いスプレッドで取引可能です。

GOLD

以下は、GOLDのスプレッドを比較した表です。

会社名スプレッド
Exness3.0pips
GEMFOREX3.0pips
AXIORY4.3pips
TitanFX2.2pips
BigBoss3.0pips
HotForex3.0pips
Tradeview2.0pips
XM Trading3.5pips
iForex3.5pips
IronFX5.0pips
FBS4.8pips
9月24日某時点

ゴールドは、スキャルピング取引で人気のある貴金属銘柄です。

ここではXAU/USD(金/米ドル)とのペアで紹介しています。

中でもTradeviewはゴールドのスプレッドが狭く安定しているので、取引に最もおすすめといえるでしょう。

値幅が大きいので、スキャルピングであれば約定力の高いTitanFXがおすすめです。

スプレッドが狭いスタンダード口座

スプレッドが狭いスタンダード口座
みな

最初の取引は手数料のかからないスタンダード口座がいいよね。
スタンダード口座で見るとどの会社がおすすめかな?

佐藤

スプレッドの狭いスタンダード口座を3社に絞ってみたから参考にしてみてね。

通貨ペアExnessGEMFOREXAXIORY
USD/JPY1.1pips1.4pips1.3pips
EUR/JPY1.9pips1.3pips1.5pips
GBP/JPY2.0pips1.9pips2.0pips
AUD/JPY1.3pips1.6pips1.9pips
2021年9月24日時点

スタンダード口座であれば、Exness、GEMFOREX、AXIORYのいずれかを選択しておけば間違いないといえるでしょう。

どの会社もスプレッドが狭くスキャルピングに特化している会社です。

3社の中でGEMFOREXは唯一ボーナス制度が豊富な会社のため、少額で始めたい方や自己資金が少ない方には特におすすめといえます。

スプレッドが狭いプロ口座

スプレッドが狭いプロ口座

海外FXでは、会社によって複数の口座タイプを提供している会社があります。

その多くがECN口座といって、スプレッドがスタンダード口座よりも狭いことが特徴です。

ECN口座とは?!
FXブローカーの仲介がなく、市場価格とほぼ同等の値で取引できる口座。
別途発生する取引手数料がFX会社の利益となる。

みな

スプレッドが狭いなら短期売買で有利になりそうだね。

佐藤

その分、最低入金額が高額であったり、取引毎に手数料が発生するから上級者向きの口座といえるかな。

ECN口座(プロ口座)で、特にスプレッドが狭い会社は以下のような会社です。

通貨ペアExnessGEMFOREXBigBoss
USD/JPY0.1pips0.3pips0.5pips
EUR/JPY0.1pips0.5pips1.0pips
GBP/JPY0.0pips1.4pips1.1pips
AUD/JPY0.0pips0.6pips1.0pips
2021年9月24日時点

中でもExnessは、スタンダード口座同様に狭いスプレッドの取引が可能です。

GEMFOREXのノースプレッド口座は最低入金金額が30万円と高額ですが、取引ごとの手数料は発生しません。

また、BigBossでは取引手数料こそかかるものの、取引毎にボーナスが付与されるのでトータルコストは抑えた状態で取引ができます。

ECN口座の特徴に関しては、海外FXのECN/STP比較記事で詳しく解説しています。

海外FXのスプレッドを比較する注意点

海外FXのスプレッドを比較する際にはいくつかの注意点があります。

それぞれ会社によって特色やルールがあるため、スプレッドが狭いからといって良い会社と安易に認識するのは危険です。

反対にスプレッドが広いからといって悪い会社と決めつけるのも良くはありません。

取引スタイルや手法によってメリットデメリットがあるのでよく理解したうえで自身に合った会社で取引を行いましょう。

原則固定と変動制

原則固定と変動制

海外FXを選ぶ際はスプレッドが原則固定か変動制であるかを重視するといいといえるでしょう。

具体的にどちらがいいとは言えず、取引スタイルや手法によっても変わってきます。

例えば早朝の取引や値動きの変動が大きいポイントで取引する場合は原則固定のFX業者が良いといえます。

反対に取引時間が決まっておらず、自由に取引を行いたい場合は変動制の業者でその時のスプレッドを見て取引するのがおすすめです。

原則固定スプレッドの海外FX業者
  • GEMFOREX(ドル円のみ)
  • iFOREX
  • IronFX
  • IS6FX
  • easyMarkets

海外FXは変動性がスタンダードであるため、原則固定の会社で取引したい場合は上記の会社を選ぶといいでしょう。

スリッページ

スリッページ

どんなにスプレッドが狭くてもスリッページが発生すると利益を上げにくくなります。

スリッページとは?!
スリッページとは約定時の「滑り」や「ずれ」のことを指します。
注文した価格実際に約定される価格に差が生じてしまう事です。レートが大きく変動する場面ではどのFX会社でも発生しますスリッページが大きいと不利な位置でのエントリーになるので取引も不利になってしまいます。

会社によってスリページが大きい会社と小さい会社があります。

スリッページが小さい会社
  • XM Trading
  • GEMFOREX
  • AXIORY
  • TitanFX

上記の会社は海外FXの中でも比較的スリッページが少ないため、急なレートの乱高下した状態でもそれほど大きな価格差が発生しません。

口座によって変わる

口座によって変わる

海外FXではECN口座とSTP口座の2種類を提供している会社が多くあります。

ECN方式の口座は私設取引所に対して直接取引ができるので、かなり狭いスプレッドでの取引が可能です。

STP方式の口座はカバー先の金融機関でのレートにFXブローカーがスプレッドを上乗せする仕組みになっています。

海外FX会社のECN口座名
  • XM Trading:ゼロ口座
  • GEMFOREX:ノースプレッド口座
  • AXIORY:ナノスプレッド口座
  • HotForex:ゼロスプレッド口座
  • BigBoss:プロスプレッド口座
  • TitanFX:ブレード口座
  • TradeView:ILC口座
  • FBS:ゼロスプレッド口座
みな

スプレッドが狭いならECN口座で取引した方がいいのかな?

佐藤

ECN口座はスプレッドは狭いけどボーナス制度が適用されない場合や、取引毎にスプレッドとは別の手数料が発生する会社がほとんどなんだ。
初回入金額も高く設定されている会社が多いから、高額資金の運用には向いているけど普通に取引したい人には向かないね。

スプレッドが広がるタイミング

スプレッドが広がるタイミング

スプレッドは日本時間の朝5時~7時にかけてに広がる会社が多いです。

早朝はオーストラリアやニュージーランドの市場が開いていないので為替の流動性がない時間となります。

市場参加者が少ない時間なので大口の注文が入ると価格が大きく飛ぶこともあり、スプレッドの変動幅も大きくなるのです。

また各国の主要人物の発言や米国雇用統計、FOMCといった注目度の高い経済指標時は市場に多くのお金が流れる傾向にあるためスプレッドが広がる傾向にあります。

海外FXのスプレッドに関するQ&A

海外FXのスプレッドに関するQ&A

次に海外FXのスプレッドに関するよくある質問を紹介します。

会社や時間帯、相場状況によってスプレッドは異なりますが取引前にしっかり確認しておくことが重要といえます。

MT4などの取引ツールで買値と売値の価格差を見たり、会社のHPのリアルタイムレートを見ることで確認ができます。

取引結果に大きく影響を与えるものなので必ず取引前に確認しましょう。

スプレッドは固定?

スプレッドは変動制の会社と固定の会社に分かれます

固定の会社でも相場状況によっては少しのずれが発生する場合もあるので注意しましょう。

なお海外FXでは変動制がスタンダードとなっているので、早朝や経済指標時には大きく広がる傾向にあります。

スプレッド最狭はどこ?

スプレッドの狭さで見るとGEMFOREXが最も狭い水準にあるといえます。

重要経済指標や価格が大きく動いた際にも影響を受けにくいです。

またECN口座であるノースプレッド口座は国内FX会社とあまり変わらないほど狭いスプレッドを提供しているので利益を出しやすい会社といえますね。

手数料とスプレッドは違う?

スプレッドはFX会社が利益を上げるための手数料という認識で間違いないです。

しかし実際に支払いをするわけではないので捉え方によるといえます。

エントリーした時点でスプレッド幅分がレートと不利な位置に動くので、取引毎に発生する実質的なコストと考えればいいでしょう。

しかしスプレッドが極端に狭いECN口座では取引毎に実際に手数料を支払う会社がほとんどです。

スプレッドが狭い会社の特徴は?

スプレッドが狭い会社はボーナス制度に消極的という共通点があります。

TitanFX、Exnessという会社は過去に一度もボーナスを提供したことがないですが、業界最狭水準のスプレッド環境で取引可能です。

ボーナスがない代わりに取引環境に力を入れていると言えるでしょう。

海外FXのスプレッドまとめ

海外FXのスプレッドまとめ

スプレッドは取引のしやすさ、利益の出しやすさに直結するので会社選びはとても重要といえます。

またスプレッドの幅だけ見てもスリッページの発生や口座タイプなど選ぶ基準は取引スタイルによって変わってくるので注意しましょう。

総合力で見ればGEMFOREXがもっともスプレッド幅が狭い傾向にあるのでおすすめといえます。

あまりFXに慣れていない初心者の方であれば複数会社の口座を開設してもっとも使いやすい会社をメイン口座として使うことで取引スタイルの確立ができますね。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる