スキャルピングにおすすめな海外FX業者比較!ハイレバとの最強組み合わせ

海外FXスキャルピング
みな

スキャルピング取引に興味があるんだけど、どのFX会社を選べばいいのかな?

佐藤

スキャルピングは公式に禁止されているところもあるから注意しなければ
いけないね。
また公式に認めているところでも、約定力やスプレッドなど重視するポイントが多くあるから一緒に見ていこう!

スキャルピングは短い時間で小さな利益を狙って取引を行うFX手法の1つです。

会社によっては思うように利益が上げられないことや、禁止項目となっている場合があり凍結の対象となることがあるので業者選びがとても重要となります。

このページではスキャルピングに特化した業者、また注意点について詳しく解説していきます。

ぜひ最後まで読んでいってください。

この記事に書いてあること
  • TitanFXのILC口座はスキャルピングに最も特化した口座
  • スキャルピングに向いている会社をランキングで紹介
  • スキャルピング制限をしている業者に注意!!
  • スプレッドと約定力は業者選びで重要
  • テクニカル分析で値幅の大きい通貨を狙おう!!

スプレッドで海外FXを選ぶならTitanFXで間違いありません。

ドル円のスプレッドが0.2pipsという業界最狭水準になっています。

\業界最狭水準のスプレッド/

目次

海外FX業者のスプレッド比較一覧表

海外FX業者のスプレッド比較一覧表
FX会社XM ロゴeasyMarketsTITAN ロゴHotForex ロゴaxiory logo
Tradeview ロゴ
口座タイプZERO口座Vip口座ブレード口座ゼロスプレッド
口座
ナノスプレッド
口座
ILC口座
最大レバレッジ500倍400倍500倍500倍400倍100倍
スプレッド
(USD/JPY)
0.1pips1.5pips0.2pips0.3pips0.3pips0.1pips
スプレッド
(EUR/JPY)
0.2pips2.2pips0.3pips0.6pips0.3pips0.4pips
スプレッド
(AUD/JPY)
1.2pips3.0pips0.5pips0.6pips0.5pips0.5pips
最低入金額1万円100万円初回2万円2万円5000円10万円
取引手数料1ロット往復
10ドル
無料1ロット往復
7ドル
1ロット往復
6ドル~8ドル
1ロット往復
7ドル
往復5ドル
詳細ページ公式ページへ公式ページ公式ページへ公式ページへ公式ページへ公式ページへ
2021年9月14日更新

おすすめの海外FXを一覧にまとめています。

それぞれの会社が約定力が高く、スプレッドも狭い水準であるためスキャルピングで利益を出しやすいです。

取引手数料はeasyMarketsのvip口座のみが無料となっていますが、最低入金額100万円と敷居が高い口座であると言えます。

他は5000円~10万円と少額で始められるのが特徴です。

スキャルピングがおすすめな海外FX口座ランキング

スキャルピングで重要すべき項目は、スプレッドや約定力となります。

その基準が高く公式にスキャルピングが認められている会社を選ぶ必要があるのです。

それではスキャルピングに特化したFX会社をランキング形式で発表していきます。

【第1位】TitanFX ブレード口座

TitanFX ILC口座
おすすめ度(100点評価)98点
約定力約定スピードミリ秒単位
リクオート、約定拒否無し
ドル円スプレッド0.2pips
ユーロ円スプレッド0.3pips
豪ドル円スプレッド0.5pips

TitanFXのブレード口座スキャルピング取引において総合力の高い口座です。

Titan FX Zero Point技術という独自の技術で提携銀行との通信が早くなり、ミリ秒単位の約定力を誇ります。

最小取引数量は1,000通貨~、最大取引数量1,000万通貨までとなっているので少額取引~大口取引をするといったすべてのトレードスタイルに向いています。

通貨ペア別のスプレッドを見てもかなり狭く取引手数料も片道3.5ドルと比較的安いため、スキャルピング用の口座に必要なものを全て兼ね備えているといえますね。

\業界最狭水準のスプレッド/

TitanFXについては、TitanFXの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

【第2位】XM ゼロ口座

XM ゼロ口座
おすすめ度(100点評価)90点
約定力全ての注文99.35%を1秒以下で約定
約定執行率100%約定拒否無し
ドル円スプレッド0.1pips
ユーロ円スプレッド0.2pips
豪ドル円スプレッド1.2pips

XMのゼロ口座は約定力の高さはもちろんリクオート(約定拒否)がなく執行率が100%を誇ります。

ハイスペックな口座でありながら初回最低入金額は1万円~と他社に比べて低い金額となっているので、少額から始めたい方でも安心して取引可能です。

ただし手数料が10万通貨に対して片道5通貨と他社より高い傾向にあります。

レバレッジが最大500倍とECN口座では高い水準にあるので、少ない資金でも大きな利益が見込めます。

\ 日本人人気No.1/

XMについては、XMの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

【第3位】AXIORY ナノスプレッド口座

AXIORYナノスプレッド口座
おすすめ度(100点評価)88点
約定力約定スピード000.1秒
約定執行率99.8% 約定拒否無し
ドル円スプレッド0.3pips
ユーロ円スプレッド0.3pips
豪ドル円スプレッド0.5pips

AXIORYのナノスプレッド口座約定スピード0.0001秒という圧倒的な約定力が魅力の口座です。

スプレッドは他社のECN口座に比べて高めですが、取引手数料が片道3ドルと良心的であるため取引のコストとしてはお得です。

またレバレッジは最大400倍となっていますが、初回入金額が特に設けていないので自己資金が少ない状態で始めたい方におすすめですね。

AXIORYについて詳しく知りたい方は、AXIORYの評判と口コミをご覧ください。

【第4位】Tradeview ILC口座

Tradeview ILC口座
おすすめ度(10段階評価)83 点
約定力非公開
ドル円スプレッド0.1pips
ユーロ円スプレッド0.4pips
豪ドル円スプレッド0.5pips

TradeviewのILC口座大口取引のスキャルピングに特化した口座です

最大取引数量が無制限であることから大きな金額を動かすトレーダーに人気があります。

約定力は非公開となっていますが、ユーザー評価も低くはなく約定力での悪い評判は見かけないほど優秀です。

またスプレッドの狭さはもちろん取引手数料が片道2.5ドル業界で最も安い手数料で取引できることが魅力となっています。

ただし最低入金額が10万円~となっているので小資金でトレードしたい方にはおすすめできません。

【第5位】Hot Forex ゼロスプレッド口座

HotForex スキャルピング
おすすめ度(100点評価)80点
約定力約定スピード0.3秒
執行率99.45%
ドル円スプレッド0.3pips
ユーロ円スプレッド0.6pips
豪ドル円スプレッド0.6pips

HotForexゼロスプレッド口座は、取引手数料が通貨ペアによって異なります。

そのため他社のECN口座に比べると多少の取引コストはかかりますが、約定スピードと執行率が高いので問題なくスキャルピングが行えます。

最低取引通貨単位は1,000通貨最低入金額は約2万円となっているので少額で始めたい方でも気軽に取引可能です。

しかし円口座がないので入金と出金の際には為替レートの影響を受けることがあるので注意しましょう。

\今なら100%入金ボーナスゲット

HotForexについて詳しく知りたい方は、HotForexの評判と口コミをご覧ください。

【第6位】easyMarkets VIP口座

easyMarketsトップ
おすすめ度(100点評価)75点
約定力スリッページ無し
売買レート一時停止機能有
ドル円スプレッド1.5pips
ユーロ円スプレッド2.2pips
豪ドル円スプレッド3.0pips

easyMarketsは、FX業界で20年以上の実績を誇る老舗企業です。

上記の表を見てスプレッドが広いと感じるかもしれませんが、これは全て固定のスプレッドです。

そのため流動性のない相場や、経済指標時は他社よりも狭いスプレッドで取引できるケースが多くなります。

また、独自ツールではスリッページなし、売買レートの3秒間停止の機能が使えます。

指標時や売買が活発なタイミングを積極的に狙う際は、easyMarketsが最も有利な海外FX会社です。

easyMarketsについては、easyMarketsの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

スキャルピングに向いていない海外FX業者

スキャルピングに向いていない海外FX業者
みな

スキャルピングに向いていない業者もあるのかな?

佐藤

そうだね。
スキャルピングを禁止してなくても一部の会社では制限を設けている場合もあるから注意しないといけないね。

スキャルピングを制限している海外FX会社
  • DynamicTrade:注文してから120秒以内の決済は損切りしか行えない
  • LAND-FX:通常時は禁止でないが経済指標発表時のスキャルピングは禁止
佐藤

海外のFX会社は比較的スキャルピングには寛容的だけど一部の会社では制限をかけている会社もあるから注意しよう。

経済指標の発表時は短時間で大きく相場が動くことが多いのでスキャルピングに適していますが、会社によっては制限が設けられます。

このようにスキャルピング制限をかけている業者での短期売買はあまり好ましくなく、時間をかけてポジションを保有しないといけません。

スキャルピングを公式に認めている海外業者でもECN口座でなければ、スプレッドが広く思うように利益が上げられない場合が多いので注意しましょう。

スキャルピングにおすすめな海外FXの選定基準

スキャルピング取引をするのは以下の4項目を重視する必要があります。

スキャルピングに必要な項目
  • スプレッドの狭さ
  • 約定力の高さ
  • NDD方式を採用している
  • 銘柄が豊富
  • レバレッジが高い
  • ゼロカットシステムがある
みな

色んな条件を見なきゃいけないんだね。

佐藤

スキャルピングはFX取引でも特殊な売買手法であるからこそ約定力やスプレッドの狭さを妥協してはいけないといえるね。

スプレッド

スキャルピングは短期取引であるため、1回のエントリーで小さな値幅を狙った取引をします。

スプレッドが広いとエントリー位置が大きく不利な位置で約定されてしまうので、利益方向に値が向かうまで時間がかかってしまう恐れがあるのです。

スプレッド

スプレッドが狭ければ狭いほど短時間での利益が上げやすくなるのでもっとも重視すべき項目といっていいでしょう。

またその際には取引手数料もチェックしておく必要があります。

会社や口座によって1回の取引にかかる手数料は異なります。

どんなにスプレッドが狭いからといっても手数料がかさむと思うように残高が増えないケースがあるのです。

スプレッドと手数料のバランスを考慮した取引をした業者選び、取引を行っていきましょう。

海外FXのスプレッドについては、海外FXスプレッドランキング記事をご覧ください。

約定力

スキャルピングはデイトレードやスイングトレードといった手法と違い、1日に何度も新規注文決済を行います。

チャンスが来たらすぐに注文を入れるので約定力がとても重要です。

約定力

約定スピードが遅いと狙った数値でのエントリーができず、不利な位置で約定される可能性があります。

また約定拒否にあえば取引機会を減らすこととなるのでエントリー回数を積み上げられません。

約定拒否が少なく約定までの時間が短い会社を選ぶようにしましょう。

約定力で選ぶなら、TitanFXがおすすめです。

独自のZeroPoint技術により、他社を圧倒する約定力を誇ります。

FX先生

どんなにスプレッドが狭くても約定ずれが発生すると意味がないよね。
スキャルピングでは最も重要な要素と言えるんだ。

銘柄が豊富

銘柄が豊富

スキャルピング取引では、銘柄が豊富な会社で取引すると有利になります。

銘柄が多いとその分取引チャンスが増えるのです。

スキャルピングは一瞬の取引チャンスを逃さないことが重要となります。

普段仕事や家事が忙しい方は、チャートを見られる時間がある程度決まっているので、銘柄を絞るとその時間にチャンスが来るか分かりません。

そのため、豊富な銘柄を表示させて取引チャンスを増やすと効率よく稼げるでしょう。

みな

なるほど。
色んな銘柄を見て取引回数を増やすことが重要なんだね。

豊富な銘柄を扱っている会社では、easyMarketsがおすすめです。

通貨ペアだけでなく、株式やCFD、仮想通貨といった幅広い銘柄での取引ができます。

レバレッジが高い

レバレッジが高い

スキャルピングは、デイトレードやスイングトレードと違って小さな値幅を狙います。

1回の取引で高額な利益が狙えませんが、その分損失も少なくて済むのです。

そのため、ハイレバレッジの取引をしたとしてもロスカットリスクを抑えた取引ができます。

また、ロスカット水準の低い会社を選定すると、ハイレバレッジで値動きの荒い通貨で取引したとしてもローリスクでハイリターンの投資が可能です。

FX先生

スキャルピング取引では自己資金の一部を入金してハイレバレッジ取引する方が多い傾向にあるよ。

レバレッジで選ぶならXM Tradingがおすすめです。

スタンダード口座で888倍、ZERO口座で500倍と高いレバレッジがかけられるうえに、ロスカット水準が20%と低めに設定されています。

NDD方式

NDD方式とDD方式の違い

FX会社の仕組みではNDD方式DD方式に分かれます。

NDD方式とは?!
ノン・ディーリングデスクの略称で金融取引機関のインターバンク市場と直接やり取りをする方式をいいます。
顧客の注文がFX会社を通さずに流れるため有利なレートで取引ができ、透明性の高い取引が可能です。

FX会社によっては顧客とインターバンクの間に仲介が入るDD方式を採用している会社も多くあります。

DD方式を採用している会社でスキャルピングを行うと「不利な約定」や「広いスプレッド」での取引になってしまう場合があるため、NDD方式の会社を選ぶことが賢明といえるでしょう。

ゼロカットシステム

ゼロカットシステム

海外FXの魅力であるゼロカットシステムはスキャルピングを行う上でリスクの回避につながります。

ゼロカットシステムとは?!
レートが急激に動いてしまいロスカットが間に合わず、証拠金以上の損失が発生した際に適用される制度。
マイナス分をFX会社が補填してくれるので、残高以上の損失を追うことはありません。

国内FXではこのゼロカットシステムがないため、急激な為替変動により証拠金以上の損失を出す可能性があります。

しかし海外FXではゼロカットシステムの実施により自己資金以上の損失を出すことはないので、スキャルピングのような積極的な取引でも大きなリスクを背負うことなく取引ができるのです。

特にスキャルピングでは値動きの激しい時間帯や経済指標を狙った取引をすることが多いので思惑からレートが大きく外れた際にも安心ですね。

MT5の採用

MT5の採用

海外FXでは多くの会社でMT4が採用されています。

MT4とは?!
ロシアのメタクォーツ社が開発した高機能為替取引ツール。

MT4は古くに開発されたので、長年にわたって為替取引のプラットフォームとして利用されています。

スキャルピング取引をするのであれば、MT4より後に同社で開発されたMT5を使った方が取引しやすいです。

MT5とは?!
MT4に比べて動作スピードが速いほか、21種類の豊富な時間足から分析ができる。

みな

動作スピードが速いならスキャルピングのような短期売買に適しているんだね。

FX先生

MT4では使えない3分足などの時間足も表示できるんだ。
広い視点で相場を見るのに最適だね。

スキャルピングを禁止している海外FX業者

スキャルピングを禁止している海外FX業者

国内FX会社ではスキャルピングを禁止している会社が多いですが、海外FX会社では寛容です。

しかし完全禁止とはなっていませんが、過度なスキャルピング取引は禁止という名目で条件を付けている会社もあるので注意しましょう。

過度なスキャルピングを禁止している海外FX業者
  • iFOREX:1日10~:数百回の売買は禁止
  • IS6FX:相場の急変動を狙った取引や短い時間帯での決済の繰り返しは禁止
  • GEMFOREXノースプレッド口座での過度なスキャルピングが禁止

このようにスキャルピングが必ずしも禁止と訴えているわけではありませんが、取引規制の内容を見るとほとんどスキャルピングを禁止しているといってもいいでしょう。

あくまでも上記の会社はルールとして制定しているだけで、決して悪質な会社というわけではありません。

通常のスイングトレードデイトレードは問題なく行えますし、サービス面で顧客からの信頼も熱い代表的な海外FX業者です。

海外FXでスキャルピングをするならTitanFXがおすすめ!

海外FXでスキャルピングをするならTitanFXがおすすめ!

海外FXでスキャルピングをするならTitanFXが最もおすすめといえます。

TitanFXがおすすめな理由
  • Titan FX Zero Point技術による安定した約定力
  • ロスカット水準が20%と低い
  • 最小取引数量が1,000通貨から可能
  • 取引手数料が片道3.5ドルである

TitanFXのブレード口座は他社と比較してもスキャルピングに必要な項目の総合力がとても高いです。

スプレッドの狭さと手数料のバランスが良いため、スキャルピングで最も利益を上げやすいといえます。

\業界最狭水準のスプレッド/

TitanFXについては、TitanFXの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

海外FXのスキャルピングに関するQ&A

海外FXのスキャルピングに関するQ&A

海外FXのスキャルピングに関するよくある質問を紹介します。

スキャルピングは小さな値幅を狙うので、損失も最小限で済む場合が多いです。

上級者向きの取引と考えられがちですが、長期保有に比べて1回のエントリーでの見込み損失が低いこともあり、リスク回避に優れた取引方法となっています。

初心者の方でも比較的始めやすい手法なので、分からないことがあれば取引前に確認しておきましょう。

そもそもスキャルピングとは?

FXの取引手法の中で最も短い時間での決済を行うことをスキャルピングといいます。

FX取引方法
  • スキャルピング:注文から決済まで1分~10分ほどで完結させる手法。小さな値幅を狙い1日に何度も取引を行います。
  • デイトレード:1日以内に取引を終了させる手法。ポジションを持ってから数時間放置するので日中チャートに張り付く必要がありません。
  • スイングトレード:数日から数週間ポジションを保有する手法。長期的なトレンドを予測して大きな値幅を狙います。
  • 長期トレード:数か月~年単位で保有する手法。金利差で利益を得るスワップポイント獲得で資産運用目的として用いられることが一般的です。

短時間で決済を行うので最も見込み利益は少ないですが、その分大きな損失リスクが回避できる取引スタイルです。

スキャルピングをやるコツは?

FXで相場分析する人は30分足や1時間足、日足といった長い時間足を見て取引する傾向にありますが、スキャルピングでは1分~5分足といった短い時間帯での値動きに注目する必要があります。

そのため投資家心理を予想するファンダメンタルの分析方法よりも、過去統計でのパターンから分析を行うテクニカル分析が有効となるのです。

テクニカル分析とは?!
過去統計や値動きのパターンを見て次の値動きを予想する分析手法。
MT4に搭載されている「インジゲーター」などを用いて分析を行い、過去統計や傾向から予測を立てます。

また短い時間帯で利益を出す必要があるので、夕方や夜などの値動きが多い時間帯値動きの激しい通貨ペアに絞って取引を行うことが重要となります。

スキャルピングにおすすめの銘柄は?!

取引手法やスタイルによりますが、スキャルピングでは貴金属銘柄のGOLDが人気です。

値幅が大きいので、短時間の決済でも大きな利益が見込めます。

値幅のわりには、、各社でそれほど大きなスプレッドが付かない事も人気の要因です。

詳しくはXMのGOLD取引記事をご覧ください。

1日の取引回数の目安は?

スキャルピングは短期売買という性質上、1回の取引で大きな値幅を見込めません。

そのため、取引回数はメインで取引する銘柄によって異なると言えるでしょう。

回数ではなく総獲得pipsをメインに考える事が重要となります。

1日20回~100回取引する回数はトレーダーによってバラバラです。

初心者におすすめな海外FX会社は?

初心者の方が気軽に取引を始めたい場合はAXIORYのナノスプレッド口座がおすすめです。

最低入金額が特に設けられておらず1,000通貨からの取引ができるので少額且つリスクの低い取引が始められます。

レバレッジは400倍と海外FXの仲では低く物足りないと感じるかもしれませんが、自己資金が少ない方やお試しで始めたい方には少額から始められるAXIORYのナノスプレッド口座がおすすめといえます。

AXIORYについては、AXIORYの口コミ・評判記事で詳しく解説しています。

海外FXのスキャルピングまとめ

海外FXのスキャルピングまとめ

スキャルピングの取引はFXの取引スタイルで最もリスクの低い取引スタイルです。

FX初心者の方でもデイトレードやスイングトレードにこだわらず、最初からスキャルピングを始めてみてもいいといえます。

取引回数が多いことや、チャートに一定時間張り付いて値動きの監視を行うのでトレードスキルの向上につながります。

またその際には業者選びは考えて選ぶ必要がありますね。

決まった制限もなく公式で認められている会社、またスプレッドが狭く約定力の高い会社を選ぶことが重要です。

スキャルピングに特化した会社を選んで、まずは少額からコツを身に付けていきましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる