XMの日経225がかなり稼げる?基本情報から他社比較まで完全網羅

XM 日経225
みな

XMで日経225の取引をしてみたい!どんな特徴があるのかな?

佐藤

XMでの日経225は最大レバレッジ200倍で必要証拠金も低いのが特徴だよ!初期投資も少なく始められるんだ!

こちらの記事をご覧になっている方も、XMの日経225で取引を始めようとしているのではないでしょうか?

日経225の取引は価格がニュースで大きく変動するため、初心者の方には難しいイメージがあるかもしれません。

しかし、XMで日経225の取引をする場合、最大レバレッジ200倍で最低証拠金100円の少額で多くのロット数を売買できます。

こちらの記事では、XMの日経225の特徴とメリット・必要証拠金・レバレッジ・ロット数について、トレーダーの意見をもとに詳しく解説しています。

是非、参考にしてみてください。

この記事の要点
  • XMの日経225取引はレバレッジ200倍、必要最低証拠金は100円から
  • 日経225現物はデイトレード・日経225先物はスイングトレード向き
  • XMは国内証券会社よりも低ロット・追従なしでトレードができる

日経225取引するならXMがおすすめです。

200倍レバレッジやXMポイント制度を上手く活用して賢くトレードしてください。

\ 日本人人気No.1/

目次

XM日経225の特徴とメリット

ここではXMで日経225の取引をする特徴とメリットについて解説していきます。

効率的に取引を行うために、ポイントを押さえておきましょう。

先物と現物

xm_日経225_先物と現物

XMの日経225では「先物」と「現物」があり、どちらでも取引できます。

佐藤

日経225以外にも、XMで取り扱う指数取引では「先物」と「現物」があるんだ!

先に、現物と先物の大きな違いについて、ポイントを先にお伝えします。

XM 日経225 現物と先物の大きな違い
  • 現物と先物を選ぶ基準はトレードスタイル
  • 現物はスプレッドが狭い・スワップポイントがかかる → デイトレード向き
  • 先物はスプレッドが広い・スワップポイントがかからない → スイングトレード向き
  • 先物は決済期限(限月)がある → 限月直前に再度売買するロールオーバーの手法を使えば問題解決

こちらについて、まず押さえておくと大丈夫です。

次に、XMで表示される形式について説明をします。

MT4_日経225_現物と先物の表示
XMの日経225表示形式
  • 現物:「JP225Cash」
  • 先物:「JP225-限月西暦」
    ※上の表示されている「JP225-DEC20」であれば、西暦2020年の限月12月といった形式で表示されます。

現物と先物の違いについて、ポイントを絞って表にまとめました。

項目現物先物
XMの表示JP225CashJP225-DEC20(JP225-限月西暦)
限月なしあり
配当金ありなし
スプレッド12円24円
スワップポイントあり(両方マイナス)なし
トレードスタイルデイトレードスイングトレード

それぞれ、詳しく解説していきます。

限月(げんげつ)

xm_日経225_限月(げんげつ)

日経225の先物には限月(げんげつ)と呼ばれる、決済期限があります。

とうもろこし・石油といった商品先物も同様に限月があり、それぞれの商品毎に限月が設定されています。

日経225先物の取引期限は3ヶ月です。

満期日には、プラスマイナスに関わらず、強制的に決済されます。

つまり、日経225先物の商品を3ヶ月以上の長期で保有することができません。

ただし、日経225先物を長期で保有する方法としては、ロールオーバーと呼ばれる手法があります。

それは、先物の満期日が到来する前に、次の先物商品を買い直す方法です。

満期日前に、購入していた日経先物を売って、新たに次の期間の先物を購入すると、保有期間を3ヶ月延長できます。

日経225先物を長期で保有する予定の人は、ロールオーバーの実施を忘れないようにしましょう。

軍資金が小さいうちは、「現物」と「先物」の違いはそこまで意識しなくても良いですが、軍資金が大きくなると、売買手法で数万円、数十万円以上の差になりますので、注意をしましょう。

次に、日経225について満期日の確認方法について説明をします。

XMの公式サイト(XMTradingでの株式指数取引の利点)に移動します。

画面中部の「カレンダー」をクリックします。

XMTradingでの株式指数取引_日経225_カレンダー

カレンダー内の検索する欄に「JP225」を入力します。

XMTradingでの株式指数取引_日経225_カレンダー2

日経225の決済カレンダーが表示されます。

こちらのスケジュール表の、「ステータス」欄について説明します。

日経225のステータス
  • オープン:取引が開始した日
  • クローズのみ:保有ポジションをクローズのみできる日(新規に注文ができない)
  • 満期:強制的に決済される日

ステータス欄では、特定の期間に3つのステータスが設定されています。

上の画像の「Sep20」を例にすると、

Sep20の例
  • 2020年9月の先物商品のオープン日から、2020年6月10日に「JP225-SEP20」を購入できる
  • 2020年9月9日がクローズのみのため、その日までに「JP225-SEP20」のポジションを決済(クローズ)できる
  • 2020年9月10日が満期のため、その日に「JP225-SEP20」のポジションが強制的に決済される

といった流れです。

XMの先物は、スワップポイントが付かないため、保有期間が長いスイングトレードにオススメです。

満期日が迫ってきたら、次の限月が設定された日経先物を購入して満期日を伸ばすこともできます。

配当金

xm_日経225_配当金

日経225現物(買いポジション)では、配当を貰う権利日に到達すると配当金がもらえます。

一方、日経225現物(売りポジション)では、配当を貰う権利日に到達すると配当金を支払わなければなりません。

また、日経225の先物では配当金がもらえません。

日経225では、企業の決算が多い、3月と9月に配当金が多く支払われる傾向があります。

次に、具体的な配当金の確認方法について説明をします。

XMの公式サイト(XMTradingでの株式指数取引の利点)に移動します。

指数配当金欄を確認します。

指数配当金欄では、1週間以内に配当金が支払われる銘柄を確認できます。

上の画像では、2020年10月19日(月)〜23日(金)の間で、日経225の配当金はないことが分かります。

スプレッドが狭い

xm_日経225_スプレッドが狭い

XMの日経225はスプレッドが狭いことで定評があります。

日経225のスプレッド
  • 日経225現物 = 12円(1.2 pips)
  • 日経225先物 = 24円(2.4 pips)

特に日経225現物は、スプレッドが非常に狭く、1ロットあたり12円(1.2pips)の幅です。

他の通貨と比べると、スプレッドの狭さがわかります。

例えば、xmの中でもスプレッドが特に狭い、ユーロドル・ドル円と同じ水準のスプレッドの狭さです。

また、ポン円の平均スプレッド3.3pipsと比べても狭いです。

そのため、xmの日経225はスプレッドの割りに、動く値幅も大きいため、スキャルピング・デイトレードといった手法を利用するトレーダーが多いです。

XM日経225の必要証拠金・レバレッジ・ロット数

XMで日経225を取引するときの必要証拠金・レバレッジ・ロット数について解説していきます。

効率的に取引を行うために、ポイントを押さえておきましょう。

必要証拠金と最低必要証拠金

xm_日経225_必要証拠金と最低必要証拠金

XMの日経225の最低ロット数は1ロットでレバレッジが200倍です。

そのため、最低必要証拠金は、次の計算式で算出できます。

日経225 最低必要証拠金

20,000円* ✕ 1 lot ✕ 0.5 % = 100円

*日経平均株価が20,000円として計算

そのため、約100円を持っていれば、日経225を1ロット購入できるわけです。

もちろん、逆行すれば証拠金維持率が下がり、すぐにロスカットされてしますので、

100円でトレードするのは現実的ではありません。注意をしてください。

レバレッジ

xm_日経225_レバレッジ

xmで日経225の取引をする場合は、レバレッジは一律200倍です。

xmでは「スタンダード口座」・「マイクロ口座」・「ゼロ口座」の3タイプの口座がありますが、

どの口座でも売買できます。

「スタンダード口座」・「マイクロ口座」であれば最大888倍

「ゼロ口座」であれば最大500倍まで設定できますが、

日経225では、口座ごとに設定されるレバレッジが200倍として計算されます。

1ロットと最低ロット数

xm_日経225_レバレッジ_1ロットと最低ロット数

海外FXのXMでは日経225について、最低ロット数は1ロットです。

レバレッジも200倍のため、最低必要証拠金も約100円です。

日本国内の証券会社であれば、ロット数が100ロットからで、レバレッジも約20倍。

そのため、必要証拠金は80,000〜100,000円を用意しなければなりません。

xmでは手軽に日経225を売買できます。これは、xmの魅力の1つと言われています。

XM日経225の証拠金を計算

XM日経225の証拠金を計算

XMにおける日経225の必要証拠金は次の通りです。

日経225取引における必要証拠金を計算

「ロット数 ✕ 市場価格 ÷ レバレッジ」
→「1 ✕ 市場価格(20,000円)÷ 200」となり、約100円が必要です。

またXMにおいて、取引可能なロット数は次の通りです。

XMのロット制限
  • 最大取引ロット 12,500 ロット (MT5の場合 10,000ロットまで) 
  • 最小取引ロット 1 ロット

XM日経225の取引時間

XM日経225の取引時間

日経225の取引時間は、他の通貨と取引時間が異なります。

取引時間は次の通りです。

●月曜〜木曜

時間帯日経225の取引時間(日本時間)
サマータイム(月〜木曜)05:30 〜 05:55
07:05 〜 05:15
ウィンタータイム(月〜木曜)06:30 〜 06:55
08:05 〜 06:15

●金曜

時間帯日経225の取引時間(日本時間)
サマータイム(金曜)07:05 〜 05:15
ウィンタータイム(金曜)08:05 〜 06:15

特に、金曜日にポジションを整理するときに、忘れることのないよう気をつけましょう。

XM日経225のスプレッド

XM日経225のスプレッド

XMにおける日経225のスプレッドは次の通りです。

日経225のスプレッド
  • XM 日経225の現物 : 12円
  • XM 日経225の先物 : 24円

スプレッドが狭いため、現物を取り扱うときは短期のデイトレードが有利です。

一方、先物はスプレッドが広いですがスワップポイントがつかないため、長期のスイングトレードが有利です。

XM日経225を他のFX会社と比較

XM日経225を他のFX会社と比較

日経225について、日本国内のFX会社SBI証券の日経225先物と比較してみましょう。

銘柄名必要証拠金最低ロット数
日経225先物(SBI証券)約 950,000円1,000 lot
日経225先物(SBI証券)約 9,5000円100 lot
日経225現物(XM)約 100円1 lot
日経225先物(XM)約 100円1 lot

まず、SBI証券を比較対象にしていますが、他の国内証券会社もほぼ同様と考えてください。

国内証券はたしかに取引コストはXMと比べると安いです。

しかし、国内証券会社で日経225を取引するためには、最低ロット数が大きく、最低でも10万円前後の軍資金が必要です。

また、国内証券会社は追従があります。

資金が少ない人が、国内証券でレバレッジの低い日経225を購入しても、短期間で効率的にお金を増やすことはできません。

日経225の取引するならXMがおすすめ!

日経225の取引するならXMがおすすめ!

先程、XMと国内証券会社を比較しましたが、日経225の取引をするならXMが断然オススメです!

国内証券会社と比較して選ぶポイントは次の通りです。

XMを選ぶポイント
  • 少ない軍資金で大きなトレードができる
  • 日本国内の証券会社と違い追加証拠金がない(ゼロカットシステム)
  • 取引でXMPポイントが貰える

国内証券会社と比べたとき、XMのスプレッドは広いですが、それは追加証拠金なし(ゼロカットシステム)の経費だと考えれば破格です。

また、約100円で1ロットを購入できるので、チャンスが広がります。

\ 日本人人気No.1/

XM日経225に関するQ&A

ここではXMでの日経225取引に関する疑問点について解説していきます。

安全に取引を行うために、ポイントを押さえておきましょう。

そもそも日経225とは?

そもそも日経225とは?

日経平均株価として知られる日経225は、東京証券取引所が取り扱う株価指数です。

東証一部上場企業の中でも、さらに日本を代表する優良企業225社の中から構成されています。

日経225の構成銘柄例
  • サービス:電通グループ、サイバーエージェント、リクルートホールディングス
  • 自動車:トヨタ自動車、日産自動車、本田技研工業
  • 電気機器:ソニー、富士通、京セラ
  • 通信:NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク
  • 銀行:三菱UFJ、三井住友FG、みずほFG

日経225銘柄は、定期的に構成銘柄が変更になるといった特徴もあります。

また、日本の代表的な株価指数TOPIXがありますが、こちらは東証一部上場企業全銘柄の平均値によって構成されています。

日経225のスワップポイントは?

日経225のスワップポイントは?

日経225のスワップポイントについて解説します。

下の画像は、XMのJP225Cash(現物)の詳細をMT4で確認したときの画像です。

xm_日経225_スワップポイント

スワップを確認すると、次の通りです。

JP225Cashのスワップポイント
  • スワップロング = -1.89 JPY
  • スワップショート = -2.04 JPY

つまり、JP225Cash1ロットのポジションを保有して、1日持ち越すと約2円のスワップポイントがかかります。

スイングトレードをするときは注意をしましょう。

MT4で日経225の表示の仕方は?

MT4で日経225の表示の仕方は?

MT4で日経225現物と先物の表示方法を説明します。

日経225現物の追加方法を初めに説明します。

MT4(気配値タブ)右上の「+」をタップして、シンボル追加画面を表示します。

MT4で日経225の表示の仕方_シンボル追加

シンボル追加画面内の「CFD Cash」をタップします。

MT4で日経225の表示の仕方_現物

CFD Cash 画面一覧内の「JP225Cash」の「+」マークをタップすると追加完了です。

続いて、日経225先物の追加方法を説明します。

MT4で日経225の表示の仕方_シンボル追加2

シンボル追加画面内の「CFD Future」をタップします。

MT4で日経225の表示の仕方_先物

CFD Future 画面一覧内の「JP225-限月西暦」の「+」マークをタップすると追加完了です。

XM日経225のまとめ

XM日経225のまとめ

XM日経225について説明をしてきました。

XM日経225のまとめ
  • XMの日経225取引はレバレッジ200倍、必要最低証拠金は100円から
  • 日経225現物はスプレッドが狭いためデイトレード向き
  • 日経225先物はスワップポイントが付かないためスイングトレード向き
  • XMのゼロカットシステム(追従なし)と証拠金200倍のハイレバで取引できるため国内証券会社よりオススメ

XMの日経225取引は狭いスプレッドの割りに値動きが大きい上に、XMのレバレッジ200倍、ゼロカットシステムを利用するとかなりダイナミックが取引が可能になります。

少ない軍資金でダイナミックな取引をしたい方にとって、XMの日経225取引はかなりオススメです。

今なら下記から口座解説するだけで3,000円のボーナスが貰えます。

今日からXMで口座開設して取引を始めてみて下さい!

\ 日本人人気No.1/

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる