GEMFOREXでの両建ては禁止?おすすめできない理由を解説!(ゲムフォレックス)

GEMFOREX 両建て
みな

GEMFOREX(ゲムフォレックス)では両建て取引ができるって聞いたけど本当?

佐藤

GEMFOREX(ゲムフォレックス)での両建ては公式で認められているね。
ただし条件があって禁止されている項目も多いから注意しよう。

GEMFOREX(ゲムフォレックス)は公式に両建てが認められている海外FXです。

しかしすべての両建て手法が許されているわけでは無く、禁止されているやり方も多くあります。

この記事ではそんなGEMFOREX(ゲムフォレックス)の両建てについて詳しく解説していきます。

ぜひ最後まで読んで参考にしていってください。

この記事に書いてあること
  • GEMFOREXの両建ては同一口座での取引のみ認められている
  • 経済指標を狙った両建て取引は禁止!!
  • 両建てするとスプレッド拡大の際にロスカットされやすい
  • GEMFOREXでは両建てよりもハイレバレッジ取引が利益を出しやすくおすすめ
  • 規約を破った取引は会社が把握できるので必ずしないようにしよう!!

 \口座開設のみで20000円ゲット/

GEMFOREXは海外FXボーナスランキングで1位を誇る、ボーナス制度が魅力の海外FXです。

今なら口座開設するだけで、2万円の取引ボーナスが受けとれます。

この機会にGEMFOREXで口座開設をして、リスクの低い取引を始めてみましょう。

目次

GEMFOREXで両建ては禁止なのか

GEMFOREXで両建ては禁止なのか

GEMFOREXでは、両建て取引が公式に認められています。

両建てとは?!
新規注文の際に買いポジションと売りポジションを同時に持つこと。
相場がどちらに進んでも1つのポジションでは確実にプラスになり、損失が出ているポジションも決済せずに値を戻すまで待てばリスクを少なくして利益を上げられる取引手法です。

両建て取引の主なメリットは以下の通りです。

両建てのメリット
  • 含み損の低減ができる
  • 逆ポジションを持つことでリスクヘッジとして役立つ
  • 長期保有によりスワップポイントが貯めやすい

 \口座開設のみで20000円ゲット/

GEMFOREXの両建ての禁止事項

GEMFOREXでの両建は、認められているといえどもいくつかの条件があります。

あくまでも「同一口座のみでの両建てはOK」という事なので、それ以外の方法をとってしまうと出金制限や口座凍結の要因となってしまうことがあるので注意しなければなりません。

具体的な両建ての禁止事項について下記にて解説します。

複数口座での両建て

複数口座間での両建ては禁止されています。

複数口座での両建て

GEMFOREXでは1つのアカウントで5つの口座が開設できますが、開設した複数アカウントで同一通貨の売りと買いのポジションを同時に持ってはいけません。

例えば新規で開設した口座をAとします。

追加でBの口座を開設するとその人は2つのGEMFOREX口座を保有していることになりますね。

そのA口座で買いポジション、B口座で売りポジションを同時に持つことが禁止事項となるのです。

他社を利用した両建て

GEMFOREXの口座と、他社の海外FX口座を使った両建て行為も禁止となります。

他社を利用した両建て

例えばGEMFOREXでUSD/JPY買いポジションを持ったとします。

同じタイミングで他社の口座を使いUSD/JPY売りポジションを持つという行為です

海外FXではゼロカットシステムによりある程度の損失が把握できます。

そのため片方の口座で証拠金がマイナスになっても支払い義務はなく、FX会社が損失の補填をしてくれるので証拠金以上のマイナスを背負うことはありません。

他社を利用することで片方の会社が必ず不利益になってしまうことから、このような行為はGEMFOREXに限らずすべてのFX会社での禁止事項となっているのです。

佐藤

他社での両建てや知人、家族を介しての両建ては一見バレないと考えられがちだけどFX業者は強固なコミュニティから解析できるようになっているからすぐに分かってしまうんだ。
口座凍結はもちろんFX会社での口座開設ができなくなるケースもあるから必ずしないように!

経済指標発表時を狙った両建て

経済指標発表時を狙った両建て行為もGEMFOREXでは完全に禁止されています。

経済指標発表時を狙った両建て

経済指標では大きく相場が乱高下することが多いです。

そのため両建てですぐに決済を行うと利益が確定する可能性が高くなります。

基本的に重要経済指標時はスキャルピングの取引も禁止となっているので、すぐに決済してしまうと口座凍結対象です。

両建て取引も同様に指標時の乱高下を狙った両建ては禁止となっているので注意しましょう。

佐藤

重要指標はアメリカの雇用統計やFOMC、また各国の政策金利などが挙げられるよ。発表時間がはっきり決まっているから、急変動を狙った悪質な取引とみなされるんだ。

GEMFOREXの両建てでロスカットされる?

GEMFOREXの両建てでロスカットされる?

GEMFOREXで両建て取引をしているとスプレッドの拡大によりロスカットされる場合があります。

例えば、通常時のUSD/JPYのスプレッドが1pipsだったとします。

これが重要経済指標や早朝などの相場が急変動する際には相場状況にもよりますが、5pipsほどに広がることがあるのです。

買いポジション売りポジションどちらにも5pips分の大きなスプレッドがついてしまうので、損失が増えてしまいますね。

スプレッドによる損失例

1pipsのスプレッドが出た状況でUSD/JPYの買い売り両方のポジションを1ロット(10万通貨)ずつ注文した時
1ロットに対して1,000円の損失。買い売り両方のポジションで2,000円の損失からスタートされる

5pipsのスプレッドが出た状況でUSD/JPYの買い売り両方のポジションを1ロットずつ(10万通貨)注文した時
1ロットに対して5,000円の損失。買い売り両方のポジションで1万円の損失からスタートされる

このようにスプレッド拡大によって損失額が増えることになります。

あらかじめ含み損として有効証拠金が減った状態での取引スタートになるためスプレッドが拡大した状態での両建てはロスカット基準により近づくのです。

GEMFOREXの両建てをおすすめできない理由

GEMFOREXに限らず両建ての取引はあまりおすすめできません。

リスクの軽減ができる手法として有名ですが、取引に慣れない状態で両建てを行うと、収益どころか損失の方が多くなってしまう場合があるのです。

両建てによる取引で損失が大きくなり市場退場するといったケースもよくあるので注意しなければなりません。

収益性が低い

両建てでは収益があまり見込めません。

収益性が低い

買いと売り両方のポジションを持つことで、相場が一方向に進んだ時は片方の利益は出ますがもう一方は損失となってしまいますね。

利益の出た方を決済して損失の出ているポジションを値が戻してくるのを待っていても、戻ってくるとは限らないのです。

さらにトレンド方向に伸びてしまっては大きな損失となってしまう可能性があります。

またスプレッドにより、買い売り両方のポジションがあらかじめ不利な位置での約定となるので、大きな利益を出すことが難しいのです。

みな

相場ってそんな都合よく動かないもんね。
損失の出たポジションが利益方向まで返ってくるとは限らないしなあ。

出金拒否の可能性

出金拒否の可能性

同一口座での両建てでも出金拒否に合う可能性があります。

GEMFOREXでの重要経済指標の定義は明確ではありません。

雇用統計やFOMCといった一般的に認知度の高い指標では両建ては確実に禁止となっていますが、各国のGDP発表や政策金利といった指標も相場が乱高下することもあるのです。

無意識にそのタイミングで両建てを行うと、悪意がなかったとしても相場の乱高下を狙った悪質な両建て取引とみなされる場合があります。

規定に違反すると出金拒否に合う可能性もあるので、両建て行為はあまりおすすめができません。

GEMFOREXでは両建てよりもハイレバ取引がおすすめ

GEMFOREXは両建てよりもハイレバ取引がおすすめ

GEMFOREXでは両建てで取引するよりもハイレバレッジの取引をした方が良いといえます。

GEMFOREXは海外FXの中でも高い最大1,000倍のレバレッジをかけた取引が可能です。

そのため収益率が低い両建て取引よりも買い売りのどちらかに狙いを定めて取引する方がリスクも低く高い利益が見込めるのです。

1万円の証拠金で1,000倍のレバレッジをかけた場合

USD/JPY=100円の時は10,000円×レバレッジ1,000倍=1,000万円の取引が可能
1,000万÷100円(1ドル)=10万通貨
1pipisの値幅で1,000円の利益、10pips の値幅で1万円の利益となる

1万円の証拠金からレバレッジ最大の1,000倍をかけて1pipsの値幅を付けると1,000円10pipsだと1万円の利益となります。

このようにハイレバレッジの取引を行うことで少ない証拠金でも大きな利益が見込めるのです。

両建てでは損切りと利益確定のタイミングを間違えると損失となるケースが多いので、トレンドを狙ったハイレバレッジ取引の方が利益を出すうえでは有効となります。

GEMFOREXのレバレッジについては、GEMFOREXレバレッジのページで詳しく解説しています。

 \口座開設のみで20000円ゲット/

GEMFOREXについて詳しく知りたい方は以下の記事をチェック

GEMFOREXで両建てする時におすすめな通貨ペア

GEMFOREXで取引するときにおすすめな通貨ペア

あまり両建てはおすすめできませんが、どうしても両建てがしたいという方におすすめの通貨を紹介します。

両建てで取引する際には、値幅が小さい通貨ペアを狙うといいでしょう。

値幅が大きい通貨ペアであれば利益が出る確率も上がります。

しかし大きなトレンドに巻き込まれた際には、片方のポジションが損切り前でロスカットに合う可能性も出るのでリスクが大きくなってしまいます。

値幅が小さく安定した値動きのメジャー通貨であれば、利益が出るスピードは遅くなっても急騰急落による損失のリスクが抑えられるのです。

メジャー通貨ペアの中でもポンド絡みの通貨ペアは値幅が大きい傾向にあるので注意しましょう。

またスプレッド幅が極力狭い通貨ペアであれば両建てによる最初のポジション保有時に少ない含み損で済みます。

スプレッド幅の狭く値幅が小さい通貨ペア
  • USD/JPY(ドル円)
  • EUR/USD(ユーロドル)
  • EUR/JPY(ユーロ円)

上記のような、流動性の高いメジャーな通貨ペアがおすすめです。

豪ドルなどもメジャーな通貨ですが、日本円やユーロに比べるとスプレッドが広い傾向にあるので、両建てでは不利になってしまいます。

GEMFOREXの両建てに関するQ&A

GEMFOREXの両建てに関するQ&A

次にGEMFOREXの両建てに関するよくある質問を紹介します。

両建ては特殊な取引方法であるほか、取引を禁止している会社も多くあります。

もし両建て取引をGEMFOREXで行う場合は取引前に規約やルール等をよく確認してから取引に臨むようにしましょう。

規約違反はばれるの?

規約違反をすると会社にばれます。

そのため必ず規約は守ったうえでの取引をするようにしましょう。

他業者間での取引でも情報共有しているのかIPアドレスから解析といった明確な判断材料は諸説ありますが、必ず会社には分かってしまいます。

また名義を変えて複数口座での両建てを行ってもすぐにFX会社には認識されてしまうようです。

両建て取引をするにしてもルールはしっかり守りましょう。

スワップアービトラージとは?

スワップアービトラージとはスワップポイントの差額を利用して利益を出す取引方法になります。

本来スワップは売りと買い両方のポジションを持つとマイナスになる場合が多いですがGEMFOREXでは通貨ペアによって金利差が出て利益となる場合があるのです。

スワップポイントは日によって変動するので必ず利益が出るとはいえませんが、南アフリカランド/米ドルや香港ドル/米ドルといった通貨ペアは両建てによりスワップ金利差が発生しやすくなります。

もちろんこれはGEMFOREXの同一口座内で行わないといけません。

スワップポイントは会社によってばらつきがあるため、他社を介して金利差を得ようとする両建てを行うと不正行為になります。

両建てで利益を出すのは難しい?

両建ての取引では利益を出しにくいです。

ポジションを保有した時点で、買いと売りのどちらにもスプレッドがついてしまうので、最初から不利な位置での約定となります。

利益方向に伸びたポジションを決済しても、損失の出ているポジションが値を戻してくるとは限りません。

トレンドに巻き込まれれば、ロスカットに合ってしまう可能性もあります。

大きな損失を防ぐことは可能ですが、それ以上に利益を出すことが難しい手法であると覚えておきましょう。

GEMFOREXの両建てまとめ

GEMFOREXの両建てまとめ

両建ては一見リスクの低い投資手法に見えますが、実は利益確定、損切りのタイミングを間違えることで損失を出す可能性が高くなる投資手法でもあります。

そのためあまり取引慣れしていない方にはおすすめできません。

基本的にはレバレッジをかけて一方方向の伸びを狙った取引をしていきましょう。

相場分析にもつながりますし、GEMFOREXのボーナスや高いレバレッジを活かすことにより大きな利益が見込めます。

両建てでは大きな収益が見込めないのでスワップ目的といった投資でなければあまり魅力がないといえますね。

高いレバレッジを使って少額資金で大きな取引利益を狙っていきましょう。

今なら下記から登録することで、入金しなくても口座開設ボーナス2万円が貰えます。

トレードして得た利益は出金できるので、この機会に登録してみてください!

 \口座開設のみで20000円ゲット/

GEMFOREXの口座開設方法については下記の記事でわかりやすく解説しています!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる